ウォーターサーバーを契約しても、思ったよりも使う機会がないかもしれませんよね。 その場合、簡単に解約することはできるのでしょうか? 結論からいうと、基本的には簡単に解約することはできません。 ほとんどのウォーターサーバー会社は、6ヶ月や1年といったような最低限契約日数を設けています。 そして、その期間内で解約する場合には、違約金が発生するようになっているのです。 違約金はウォーターサーバー会社によって異なりますが、一般的に5千円から1万円くらいだと思ってください。 また、これに返送料が加算される場合もあります。 このように、大抵のウォーターサーバー会社には最低限契約日数と違約金があるので、安易に契約してしまうのは危険だといっていいでしょう。 ただし、中には、最低限契約日数や違約金を設けておらず、いつ解約しても問題ないところも存在します。 もし、解約する可能性があるのであれば、違約金が発生しないところか、最低限契約日数が短くて違約金が少ないところを選んだ方がいいですね。